子供たちのうんちが危機を迎えています!

子供がすくすくと成長するには、
きちんと食べて、きちんと出す、というサイクルがとても重要です。
そうしないと、子供の身体が成長することができないからです。

それなのに、今子供の身体にピンチが訪れているのです!

それは、子供の消化器官。
もっと具体的に言えば、排泄器官。

今、子供たちのうんちが危機を迎えているのです!

つい先日の新聞記事に書いてありました。
「現在、小学生の約10%が便秘に悩んでいる」と。
これは、とんでもないことです。

小学生がなぜ便秘になってしまっているのかについてはこのサイトで詳しく解説しますが、小学生がうんちが出来なくなってしまっている、というのは、現実のことなのです。

また、反対に、下痢で悩んでいる小学生も多数います。

こうした、便秘の子供、下痢の子供は、それだけ食欲もなくなりますし、消化吸収のサイクルが狂ってくるので、成長が阻害されることに!

このままではいけません!

このサイトでは、小学生を始めとする子供たちの「うんち事情」について記録しています。
このサイトを読んで、お子さんとうんちの大切さについてきちんと語り合ってみてください。
子供は「うんち」について、汚く思ったり逆に異常に興味を示したりしがちですが、その大切さについては全く理解していません。
ここで、人間の食べて出す行為の大切さを説明してあげてください。

このサイトが、そうした会話の補助になれば幸いです。

こちらもご覧ください

実は、便秘の子供は、小学生だけでなく、いまや赤ちゃんまで広がっているということが分かるサイトです。
→赤ちゃん・乳児・新生児の便秘解消法
とても怖いですね。今は赤ちゃんの頃からストレスにさらされて、便秘になってしまったりするそうです。
でも、小学生なら弱めの便秘薬を使うことも可能ですが、赤ちゃんはそうした薬も使えないし、ほんとうに困りますよね。
もしあなたのお子さんが小学生より小さくて便秘に悩んでいるのであれば、参考にしてみてください。